城陽日和

2022.11.04

ジュエリー・イケダ

☎0774-56-0757

城陽市富野荒見田112 アル・プラザ城陽1F

[営]10:00~18:00

[休]土曜、日曜、祝日

査定は留守番電話にご予約の上ご来店ください。

宝石商40年の主人が、デザイン性も査定して、買い取りしてくれる

ジュエリーイケダ(アル・プラザ城陽1階)は、宝石や貴金属を高く買い取りしてくれると、遠方からわざわざ来店される方も多く、話題になっています。
 人気の理由は、リングやアクセサリーなど1点ずつ丁寧に鑑定して、買取価格を提示してくれること。リングの場合、宝石、指輪ごとに価格がついて、デザインなどの付加価値も査定してもらえます。
 重さを計測するときは、お客様の目の前で0.001グラムまで測れるスケールで正確に測定し、日本最大の貴金属商と同額の相場で買い取りされています。   
 ジュエリーイケダの一番の魅力は、無理で強引な買い取りは一切されないこと。
「迷っている方には、手元に残されることをお勧めしています。特に思い出のある品を売られた方の多くが後悔されているので、1〜2つは残すようにアドバイスしています」と代表の池田次良さん。
 
 

平成21年に天皇陛下御在位20年を記念発行された1万円金貨で、表面は鳳凰・桐・白樺が、裏面は菊紋・橘・桜が描かれています。「額面1万円」ですので、使用したり、銀行で両替すれば、1万円になります。2022年9月に150,000円(額面の15倍)という信じられない高額で買取りました
平成2年に天皇陛下御即位記念に発行された10万円金貨で、表面は鳳凰が描かれています。当時の大蔵省造幣局製造で、「額面10万円」なので、使用したり、銀行で両替すれば、10万円になります。当店ではコレクターがいますので、額面の倍以上「22万円」という信じられない高額で買取りました

今、不安定な世界情勢や原油高などから、金、プラチナ、宝石、高級腕時計は、高価での買い取りが行われています。特に金の価格は高騰し、1992年の年間平均の相場は1,446円に対して2021年は6,402円で4倍以上に。さらに2022年9月8日の相場は8,807円です。
「相場の先行きは誰にも分からないので、あくまでの私の予測ですが、金の価格もようやく落ち着いてきた感じがします。売りたい方には今が最良のタイミングだと思います」と池田さん。

(左)ロレックス16220(メンズ)。1987年製造。34年ご使用され、分解掃除もなくゼンマイを巻くとガリガリと音がします。このモデルはベゼルもステンレス製で、比較的安価ですが、40万円で買取りました
(真ん中)ロレックス16233G(メンズ)。約30年の使用で全体的に痛みが沢山ありました。リユーズが折れているのが大きなマイナスですが、30万円という高額査定で買取りました
(右)ロレックス16234NG(メンズ)。2004年12月に購入され、付属品を全て保管されていたので、超ベスト価格の70万円で買取りました
ネスレ日本の純金のキットカット。販促の抽選の景品で、全国で限定10点のみ。巾5cm・奥行3cm・厚さ1cmと消しゴム位の大きさですが、重さは230gある立派な景品です。1,777,670円の高額買取が実現しました
2017年アース製薬「金のベープ」の発売記念の抽選の景品、全国でわずか5点のみの貴重な品。500円玉と比較してもわかる、大変立派な「蚊」です。1,059,575円という驚きの高額買取が実現しました
ジュエリー1点1点ごとに丁寧に査定を行って、説明してもらえるので、納得して買い取ってもらえる
宝石商40年以上の経験と実績で、デザインの付加価値をプラス評価
貴金属の重さは、0.001グラム単位で計測
代表で鑑定のプロの池田次良さん

買い取りを決めるまでは名前や連絡先も聞かれず、買い取りをやめたときに査定料を請求されることもありません。
 賢く買い取りしてもらうなら、複数のお店を回ることですが、そのうちの一軒にジュエリーイケダはおすすめです。 

↑